さて、今回は少し雑談気味に・・

FXの手法はたくさんありますよね。ネットで調べれば山ほど出てきます・・

たくさんあり過ぎて途方に暮れて困りますよね。

色々とこれまでこの界隈を見てきましたが、やはり自分に合ったシンプルな手法を確立させることを目指した方が良さそうです。

本当にシンプルな。

テクニカル、インジケーターを複雑に駆使して、あるいはサインツールを頼りにして、そして、いくつもの線や図をチャートに書いて・・あるいは、EAに任せて・・と。

まあ、一通り試すのはもちろん意味があるでしょうから、やるだけやってみて、それからになるでしょうか。

今、私はインジケーターを2つだけにして、シンプルに実戦しています。

その内容はまだ明かしませんが、とにかくシンプルに

そして、最大の課題はトレードのルールを作って、徹底してそれを守ること

そのルールの一番は、何より「損切」・「SL」の設定です。

手法も大事ですが、それより大事になるのは、資金管理・リスク管理です。

生き残るために、勝ち残るためには、資金管理・リスク管理が最も重要になります。

負ける、損失ができるのは仕方ありません

相手は、機関投資家、ヘッジファンド、インターバンク参加者など資金量の規模が桁違いですので、そんな相手と戦って勝てるわけはないのですから

問題は、分が悪い時に、いかに素早く的確に判断して撤退して、そして、よりもっと勝てるであろう優位なところで入れるように仕切り直せるか、タイミングを伺えるように我慢して待てるか、です。

これが一番難しいのです。

どうしても、持ったポジションに執着し、損失が膨らんでも見て見ぬふりをして、どうか戻りますようにと、お祈りトレードになってしまい、そして、やがてはSLも設定していないままに引くに引けずとなり、最後にはゼロカットで退場となってしまうのであります・・

こんなことがこれまで何度もありましたよ。シャレになりません・・そして、マイナス2千万円超になりましたよ・・と。

そんな感じです。

もう同じ失敗は繰り返さないと、何度、誓っても、誓っても、きっとやらかしますから

それが習性であることを身に染みて分かってからが、まさに始まりです。

そこからです。まずは、そこまでいくことです。

いかなくても、まあ、九分九厘いきますから、ご心配なくに(笑)

・・

管理人がおすすめするのは、入金ボーナスキャンペーンの充実しているGEMFOREX(ゲムフォレックス) と、取引サービスが充実しているExness(エクスネス)併用でうまく稼いでいくという戦略です。

しかもどちらも安心して入出金ができる、入出金が早いというのも良い利点で、TPOに応じて両者を使い分けて利用することができるのです。

ですから、管理人はこの二つの取引所を特におすすめするのです。

両者とも、安心できる、信頼できる、実績があるも大事な要素です。

・・

是非、この機会に、まずは口座開設キャンペーンでもらえる20000円クレジット分から、ノーリスクで取引を体験してみて下さい。実際の現金入金はそれからでも遅くありません。

GEMFOREX(ゲムフォレックス) 口座開設キャンペーンについて↓

http://fx.bloggeek.jp/archives/8042663.html


GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、こちらの記事でも紹介させて頂いているとおり、安心できる取引所としておすすめしています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)紹介
http://fx.bloggeek.jp/archives/8041927.html

・・

固定トップページ↓・・最新の記事をはじめとして、色々な記事が読めます。

http://fx.bloggeek.jp/archives/8042252.html


管理人お勧めの海外FX取引所・・

GEMFOREX(ゲムフォレックス)


Exness(エクスネス)

・・

「海外FX攻略 GEMFOREX(ゲムフォレックス) Exness(エクスネス)」

FX(Forex・外国為替証拠金取引)を始めるならば・・

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

Exness(エクスネス)

管理人が色々な海外FX取引所でトレードしてきた経験から、FXを始めるならこの二つが断然お勧めです。

このブログでは、二つの海外取引所について詳しく紹介していくと共に、実際に管理人が日々トレードしている経過も、せきららに綴っています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

Exness(エクスネス)

一般的なリスクについて:外国為替証拠金取引に限らず、投資には必ずリスクが伴うことについて十分にご注意ください。当ブログ、当ブログ管理人は、各自における外国為替証拠金取引、投資に関する取引に生起、起因、または関連する損害について、その一部であれ全部であれ、あらゆる者に対し、いかなる状況においても責任を負うものではありません。投資は自己責任であることをくれぐれもご承知おき下さい。当ブログ管理人