今回は・・

 GEMFOREX(ゲムフォレックス) のクレジットカード入金とボーナスキャンペーンの活用法について

前回は、 GEMFOREX(ゲムフォレックス) の出金の特徴についてについて書きましたが、この特徴を活かして、ボーナスキャンペーンと合わせて、取引を優位に進めるための活用方法があります。

まず、100%入金ボーナスキャンペーンに当たったとしましょう。

FullSizeRender

しかし、キャンペーン条件に合って入金したくても、手元にも、銀行口座にもあまり現金に余裕がない場合があるでしょう。

でも、明らかにチャンスな相場が来ている展開、なんとかそのチャンスをものにしたいと思った時に、今から説明する方法での活用がおすすめできるものになります。

クレジットカードで入金する場合は、100%ボーナスキャンペーンの場合、半分の50%のクレジットボーナスになりますが、リスクのクッションとなるクレジットが得られることができるようになります。


ボーナスクレジットがキャンペーン当選中に最大100万円分までもらえるとすれば、200万円のクレジットカード入金で、300万円の証拠金が使えるようになります。

もちろん、翌月あるいは翌々月には、一括の場合は200万円の返済、リボ払いや分割払いにした場合なら、その月々の返済分の現金が必要にはなります。

そのため、その返済額を下回らないように、つまり、
得たクレジット分だけで、あまり無理せず、しっかりとリスク管理して取引して、最低でもクレジットカードで入金した原資分以下にはならないようにうまく取引できれば、手元にお金がなくても稼ぐことができるというものになります。

上記の場合、100万円分のクレジットで勝負して、安定した利益を出せれば、返済も心配することなく、原資を出金して返済した上で、更に得た利益も出金するなり、また、次の取引の証拠金の原資として、資金を増やしていけたりもできることになります。

もちろん、もしも、残念ながら100万円クレジット分の損失を出してしまった場合には、現金残高は100万円となり、クレジット100万円分と合わせて、もともと入金した200万円分と同じで損失はある意味でゼロなのですが、クレジット100万円分は、出金時には消失してしまうため、この場合、現金100万円は、残りの200万円分の証拠金にて何としてでも稼がないと、リボ払いや分割払いならば、しばらくは大丈夫となりますが、早めに原資を回復させないと、200万円の一括返済は少し難しくなることには、十分に注意が必要です。

これは、あくまでも、相場にチャンスがあり、手元に現金がなくても、少しリスクを抑えてボーナスクレジットを活用して稼ぐための方法であるとお考えください。

もちろん、クレジットカードでの入金は、借金になりますので、ご利用は計画的に。また、当然ながら投資は自己責任にて宜しくお願いします。

・・

是非、この機会にまずは口座開設キャンペーンでもらえる20000円クレジット分から、ノーリスクで取引を体験してみて下さい。実際の現金入金はそれからでも遅くありません。


GEMFOREX(ゲムフォレックス) 口座開設キャンペーンについて↓

http://fx.bloggeek.jp/archives/8042663.html


GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、こちらの記事でも紹介させて頂いているとおり、安心できる取引所としておすすめしています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)紹介
http://fx.bloggeek.jp/archives/8041927.html

・・

固定トップページ↓・・最新の記事をはじめとして、色々な記事が読めます。

http://fx.bloggeek.jp/archives/8042252.html


管理人お勧めの海外FX取引所・・

GEMFOREX(ゲムフォレックス)


Exness(エクスネス)

・・

「海外FX攻略 GEMFOREX(ゲムフォレックス) Exness(エクスネス)」

FX(Forex・外国為替証拠金取引)を始めるならば・・

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

Exness(エクスネス)

管理人が色々な海外FX取引所でトレードしてきた経験から、FXを始めるならこの二つが断然お勧めです。

このブログでは、二つの海外取引所について詳しく紹介していくと共に、実際に管理人が日々トレードしている経過も、せきららに綴っています。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

Exness(エクスネス)

一般的なリスクについて:外国為替証拠金取引に限らず、投資には必ずリスクが伴うことについて十分にご注意ください。当ブログ、当ブログ管理人は、各自における外国為替証拠金取引、投資に関する取引に生起、起因、または関連する損害について、その一部であれ全部であれ、あらゆる者に対し、いかなる状況においても責任を負うものではありません。投資は自己責任であることをくれぐれもご承知おき下さい。当ブログ管理人